そもそも Wi-Fi って何? 

「Wi-Fi」という言葉、見たり聞いたりしたことがありますよね。しかし、実際にそれか何なのかは、知らない人も意外と多いのではないでしょうか。
「Wi-Fi」(ワイファイ)とは、大雑把に言うと「無線 LAN」のことです。
正確には無線 LAN の規格の一つで、異メーカー間の相互接続を保証した規格になります。
昔の無線 LAN 機器は、メーカーが異なると上手く通信できないことがありました。同じ規格に則ったものでも、微妙な違いによって上手く通信できない場合があるのです。しかしそれでは、利用者にとっては不便です。そこで、異なるメーカー同士の機器でもちゃんと通信できることを保証する規格を設けました。それが「Wi-Fi」です。
現在市販されている無線 LAN 機器のほとんどは Wi-Fi に準拠しています。ですので、「Wi-Fi ルータ」と「無線 LAN ルータ」は、ほとんど同じ意味になります。これによって、使用者はメーカーを意識することなく、Wi-Fi のマークさえついていれば安心して通信することができるのです。

街中で見かける Wi-Fi は?

お店などで「Wi-Fi つかえます」というステッカーを見かけることも少なくないと思います。このため、「Wi-Fi が使えればネットが使える」と考える人もいるでしょう。でもそれは間違いです。
Wi-Fi とは、先にも説明した通り「無線 LAN」のことです。無線 LAN は LAN ケーブルの代わりに電波を使用した LAN(ローカルエリアネットワーク)のことで、それ自体はインターネットに接続する機能を持っていません。別途、インターネット回線が必要になります。
ですので、お店などにある「Wi-Fi つかえます」という表示は、「説明不十分」と言えます。これを正確に言うと「Wi-Fi を使ってインターネットを利用できます」になるでしょう。
なお、Wi-Fi スポットの利用方法は、その場所やサービスによって異なります。使い方については、事前にホームページなどで確認したり、お店の人に聞いたりしましょう。

知っておくと良いこと

Wi-Fi では、キーワードとなる2つの単語があります。この単語を知っておけば、Wi-Fi に対する最低限の知識を持っていると言えるでしょう。
一つ目は「SSID」です。これは簡単に言うと「接続先の名前」です。ここでいう「接続先」は「アクセスポイント」のことです。通常、アクセスポイントは無線 LAN ルータなので、「無線 LAN ルータに付けられた名前」と考えても良いでしょう。(昔はアクセスポイントのみの製品もありましたが、今はほぼ例外なくルータ機能の付いた「無線 LAN ルータ」になっています)Wi-Fi では、この SSID を使って「どこに繋ぐか」を明示します。
なお、SSID には任意の名前を付けることができます(無線 LAN ルータの設定で変更が可能です)。

二つ目は「セキュリティパスワード」です。場合によっては、「セキュリティキー」や「キーコード」「パスコード」などと呼ばれることもあります。これはその名の通り、接続の際に使用するパスワードになります。Wi-Fi で接続する際には、このパスワードが必須となります。
たまに、接続の際にパスワードを必要としないことがあります。これは、通信が暗号化されていない(保護されていない)ことを表しています。ですので、こういったところと繋いで通信を行うと、通信内容を盗み見られてしまう恐れがあります。間違っても、パスワードを必要としないアクセスポイントへは勝手に接続しないようにしましょう。

自動設定機能

無線 LAN のアクセスポイントや Wi-Fi 対応機器には、自動で接続設定を行う機能が使用できるものがあります。有名なのは、世界的に多く利用されている「WPS」と、Buffalo の製品で良く見かける「AOSS」でしょう。どちらも機能的にはほとんど同じで、特定の手順を踏むことにより、SSID の選択やセキュリティパスワードの設定を自動で行ってくれます。
スマホやパソコンなどで「WPS」や「AOSS」対応していない場合でも、アプリをインストールすることで利用可能になりますので、入れておくと便利かもしれません。

よくあるトラブル

多くの Wi-Fi 機器が利用している電波の帯域は 2.4 GHz になります。この帯域は、特に免許などがなくても自由に使える帯域で、無線 LAN などの個人が使う機器で良く使用されています。(通常、電波を扱う場合は免許が必要です。みなさん意識はしていないと思いますが、携帯電話を使用する場合も免許が必要で、これは携帯電話会社が取得しています)
2.4 GHz 帯は誰でも自由に使える帯域なため、場所によっては非常に混んでいます。無線マウスなどでも使用されていますし、Bluetooth も同じ帯域を使っています。また、電子レンジが使用しているのも 2.4 GHz 帯です。
もし、Wi-Fi の電波が安定しないとか、通信速度が今一つ遅いと感じる場合は、電波が混んでいるのかもしれません。不要な無線機器の電源を切るとか、無線 LAN が使用するチャンネルを変えるなどして電波の交通整理をすると、改善されるかもしれません。