2015年8月24日月曜日のEテレ『シャキーン!』の放送で、新しい歌が披露されました。

 

www.nhk.or.jp

 

8月に入ってからは番組も夏休みモードになっており、出演者のめいちゃんたジュモクさん、ネコッパチ、モモエちゃんたちも交代交代で出演していて、各コーナーも既視感のあるものばかりでした。

 

 

新曲は9月に入ってから登場するのかなと思っていましたが、今日2015年8月24日月曜日の放送から流れていました。新曲のタイトルは「D.I.Y. 〜どこまででもいけるよ〜」です。

 

    D.I.Y. 〜どこまででもいけるよ〜
  • 作詞: ザ・なつやすみバンド
  • 作曲: 中川理沙 MC.sirafu
  • うた: ザ・なつやすみバンドとめい&モモエ

 

歌っているのはザ・なつやすみバンドというバンドさんと番組のメインMCのめいちゃん、そしてモモエちゃんです。作詞作曲は個人名ですが、ザ・なつやすみバンドさんのメンバーさんが担当しているのでしょうか? 不勉強で申し訳ないですけど、ザ・なつやすみバンドさんを今日まで知りませんで……。おそらく作曲の中川理沙さんとMC.sirafuさんはメンバーです。

 

ototoy.jp

 

ネットで調べたらこのようなOTOTOYさんの記事に出会いました。

 

ナカガワリサ(vo、pf)、高木潤(b)、ムラノミズキ(dr)、MC.sirafu(スティールパン、tp)2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成。2010年にギターが脱退し、スティールパンが加入するという衝撃のメンバー・チェンジが起こる。

 

記事下のプロフィール欄を拝見したところこのような説明がありました。スティール・パンがバンドに入っているって珍しいですね。ギターの方が脱退して代わりにスティール・パンというのもかなり珍しいような。

新曲の作曲者のうち、中川理沙(ナカガワリサ)さんが「vo, pf」とありますからヴォーカルとピアノ・フォルテを、MC.sirafuさんがスティール・パンとトランペットを担当している、ということになるかと思います。

 

natsuyasumi.hiyamugi.com

 

ザ・なつやすみバンドさんのWebサイトもありました。ブログがメインで更新している感じで運営されているようです。

 

「D.I.Y. 〜どこまででもいけるよ〜」は、映像が古いカメラで撮影したような、フィルターがかかったようなものになっていて、こちらもとてもよかったです。

舞台は田舎の古そうな木造校舎の小学校です。そこで、めいちゃんとモモエちゃん、そして地元の小学生でしょうか、の4人で、自分たちが手作りしたセットや大道具・小道具使って映像を撮っている様子が収められています。もちろん実際はプロの方がダンボール等で子供が作ったっぽく見せているだけでしょうけれども。

撮影がまた、遠近法などを効果的に使っていて面白いです。例えば、学校の校庭で、モモエちゃんをカメラから離れたところに立たせ、カメラに接するくらい近くにダンボールで作ったテレビ画面と、飛行機、そして雲を配置して、さもモモエちゃんが飛行機に乗って空を飛んでいるかのように撮っていました。遠くにいいるモモエちゃんが画面の右から左へ走って、それに合わせるように手前の飛行機や雲も動かす、という。

飛行機に乗ったモモエちゃんが「かいじゅうのまち」に辿り着き、そこで怪獣を見て驚いたり、別の場所へ行き、ダンボーのようなダンボールで作られたロボット見つけ、それを怪獣と戦わせたり。

詞も優しい曲も優しい、ナカガワリサさんの歌い方も優しい。ほんわかする曲です。

 

曲タイトルの「D.I.Y.」とは「Do It Yourself」の頭文字を取った言葉です。「自分でやろう」という意味ですね。自分たちで考えて色々なことをしてみよう! 手元に何もないなら自分で作ってみよう! 勇気を出して自分の殻を破ってみよう! 困ったら、恥ずかしいかもしれないけど思い切って周りに助けを借りてみよう! というメッセージが込められた、後ろから優しく背中を押してもらえるような、とても良い曲でした。

それと、この曲を見ていたら、『ポンキッキーズ』のEDで米米CLUBが歌っていた「Childs Days Memory」を思い出しました。

dysdis.hatenablog.com

 

TNB!

TNB!

  • アーティスト: ザ・なつやすみバンド
  • 出版社/メーカー: TNBレコード
  • 発売日: 2012/06/06
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 76回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る